一度知ったら手放せない役立つ園芸用品

ガーデニング用品を選ぶコツを知っておこう

青く美しい庭を手に入れる

芝刈り

美しい芝生を維持していくためには、定期的に手入れを行なう必要があります。しかし、季節によっても手入れの方法がことなるため、きちんと把握しておくことが大切です。特に春や夏の場合は、芝生がどんどん成長していくため、肥料や水やりが重要なのです。また、秋や冬になると除草剤を利用して雑草を除去することができます。

美しい景観と安全の両立

伐採

枯れ木の放置はケガや事故のもとになる可能性があります。機材を使用して取り組むことも可能ですが、危険を避けるために専門サービスへの依頼も検討しましょう。枯れ木伐採や除草のように、ガーデニングの維持はこまめなメンテナンスが必須です。

庭の雑草を防止する

芝

人工芝を使った庭の雑草対策では、人工芝の下に敷く防草シートをしっかり使っていくことが大切です。施工業者にもしっかり伝えて、雑草の生えてくることがなく、熱がたまりにくいデザインの庭を造っていきましょう。

ガーデニングの道具

園芸用品

揃えておきたいもの

ガーデニングを始めるにあたって揃えておきたいガーデニング用品としては、まずはスコップとなります。片手で掘ることができて、手の負担にならないものを選ぶようにしましょう。次にジョウロとなり、ジョウロは植物をどのくらい植えるかで購入する大きさを決めましょう。ガーデニング用品といえば肥料がありますが、植物を元気に育てるためにはこちらも購入しておいたほうが良いでしょう。ガーデニングではハサミも頻繁に必要となりますが、通常のはさみではなく、植物専用のハサミを購入したほうが使い勝手が良いです。自分の身につけるものとしては、手袋、帽子、エプロンなどがあります。手袋は軍手ではなく、ガーデニング専用のものが販売されているため、そちらを選んだほうが手をしっかりと保護することができます。帽子は熱中症にならないためのものですが、女性の方はUVカットがされたものを選んだほうが紫外線対策の効果を上げることができます。エプロンですが、ポケットが多くついているものを購入することによって作業がしやすくなります。ガーデニング用品として、植物を植える鉢植えも購入しなければなりませんが、鉢植えも種類があり、陶器やプラスチック、木で出来たものがあります。陶器や木の物は通気性に優れていますが、壊れやすいという難点があります。プラスチックは壊れにくいですが、通気性が少し悪いという難点があります。鉢植えは大きさなどもあるため、そちらも考慮して選ぶようにしましょう。