女の人

ガーデニング用品を選ぶコツを知っておこう

美しい景観と安全の両立

伐採

早急な対策とメンテナンス

ガーデニングに取り組む中で、いずれは必要となるのが枯れ木の伐採です。植物も生きているので枯れるのは当然といえますが、敷地内である以上は放置するわけにはいきません。例えば、庭で遊ぶ子供が折った際に刺さる可能性があり、伐採前に倒れて敷地外の歩行者にケガを負わせることも考えられます。また、枯れ木が1本残っているだけでも雰囲気が悪くなってしまい、せっかくのガーデニングを台無しにしてしまうのです。見慣れてしまうと感覚がマヒする可能性もあるため、枯れ木は早急に伐採するべきでしょう。伐採用の機材は自前またはレンタルを使用しますが、対象の本数や大きさを考慮して判断します。多かったり大きかったりするほど危険が伴うため、無理をせずに専門サービスへの依頼も重要です。近年においては突発的な大雨で地盤の緩みが頻発し、根腐れしている枯れ木は状況を悪化させます。伐採サービスは根の撤去にも対応していますので、心配な場合は依頼を検討すると良いでしょう。美しいガーデニングは配置・配色などセンスが決め手となりますが、維持を意識しなければ意味がありません。例えば、冬から初夏まで手を付けずに放置した場合、雑草が伸び放題となり、まるで廃屋のような雰囲気となってしまいます。また、季節変わりで枯れ木となるケースもあるため、短いサイクルのこまめなお手入れが必須です。伐採を扱うサービスの多くは除草や廃棄処理を受け付けていますので、併せて依頼すると便利です。