女の人

ガーデニング用品を選ぶコツを知っておこう

青く美しい庭を手に入れる

芝刈り

年間通じての管理が必要

青く茂った芝はとても美しいものです。しかし植え付け後、放っておいては美しい状態を保つことは出来ません。芝生を美しく保つには、年間を通じて手入れが必要なのです。冬場は芝は休眠状態になり、地上部分は枯れている状態です。また、この時期は芝生の大敵である雑草の除去に適しています。芝生の葉が枯れているために、雑草が見つけやすくなっているからです。春目前の3月辺りは、土が詰まってしまっている場合はエアレーションを行います。この手入れをすることで、根をしっかり張らせることが出来ます。一方、春は芝生の成長期になるので、肥料をしっかり与えることが大切です。カルシウムやカリウムが含まれている専用肥料がベストです。また、気温が上がってくると水やりもこまめに行う必要があります。たっぷり与えることで、根が地中深くまで張ることが出来ます。春から夏にかけて手入れをしっかり行うことで、真夏には美しい芝生を堪能することが出来ます。真夏は毎日水やりを行ないましょう。また、毎週刈込を行うことも重要となります。そして日々の手入れの成果を楽しむ時期でもあります。秋以降は成長が衰えるので、手入れも少し楽になります。そのため、気温が下がることによって、高温期には使用できない除草剤の使用が可能になります。除草剤の使用と、手での除去を組み合わせて徹底的に雑草を取り除きます。一年を通じて雑草との戦いは必要ですが、美しい芝生のためには欠かせない作業です。このように一年を通じて芝生は手入れと管理が重要です。手をかけることで美しい芝生は手に入るのです。